学校行事で設けられていることが多いマラソン大会。走るのが得意な子には楽しいイベントですが、運動が苦手な子には辛いイベントです。少しでもマラソンに対する苦手意識を克服できるような練習方法や、マラソン大会当日の食事についてもご紹介します。

もくじ

  • マラソンの苦手克服ができる練習方法をチェック
  • プロが開催するマラソン教室に参加してみるのもアリ!
  • やる気も高まるランニングシューズに注目
  • 学校以外の大会にも参加して自信をつけよう
  • マラソン大会当日は食事もこだわって!
  • 子供と一緒に鍛えられる『大人持久走』の魅力
  • まとめ

マラソンの苦手克服ができる練習方法をチェック

寒い季節になるとマラソン大会が開催される学校も多くあります。マラソンに対して嫌悪感を抱きがちな子どもでもマラソン嫌いを克服できる練習方法をご紹介します。

無理がないように遊びや好きなスポーツからスタートする

マラソンを走るというと『きつくて苦しい』というイメージを抱く子どもは多いですよね。学校の授業では『決まった時間の中、力一杯走る』ことが重要視されているため『マラソン=きつくて苦しい』という印象を、知らず知らずの間に植えつけてしまいます。
まずは走ることが『楽しい』ことだと知ってもらうため、鬼ごっこや警泥などの遊びや、サッカーや野球、バスケットなど好きなスポーツを通して、少しずつ持久力をつけていきましょう♡子どもと一緒に公園に行く間もスローペースで走っていったりするのも、苦手意識を解消する手ですよ!

5分間走でランニングに対する苦手意識を解消する

遊びやスポーツを通して、走ることへの苦手意識が薄れてきたら、次は短時間のランニング練習を始めましょう。最初の頃は、きつくならない程度の力で走りましょう。少しずつ慣れてきたら、5分間でどれくらいの距離を走れるようになったかを記録していきましょう。
そうすることで、ランニングを走るきつさだけでなく『早く走ることの楽しさ』を感じるようになっていきます。

慣れてきたら緩急をつけて走る

5分間走にも慣れてきたら、5分間走ではく、1kmや2kmなど、距離を目標にましょう。少しずつ走る距離を伸ばすのがおすすめ!距離を走り慣れてきたら、インターバル走行のように緩急をつけて走る練習(ファルトレク走)をしましょう。
緩急をつけることで効率的にスタミナがついたり、長距離を走る上でのペース変化にも対応できるようになります。また、ランニング中に効率良く疲労回復ができるようになるため疲れにくい体づくりにも最適です♡
ファルトレク走のやり方は簡単!1分間ごとに早く走る時と、ゆっくり走る時を交互に繰り返します。時間を計るのが大変な時は、ランニングコースにある電信柱を目安にして走りましょう。次の電信柱までは早く走る、そのあとはゆっくり走るなど、緩急をつける目標物を決めておくのもおすすめです♪

プロが開催するマラソン教室に参加してみるのもアリ!

本格的にマラソンのフォームやテクニックを学びたい時は、プロのマラソン選手が開催している陸上競技の教室に参加するのもありですよ♡おすすめは全国の陸上教室を探すことができる【りくする】というホームページ!自分が住んでいる都道府県での陸上教室を検索できますよ♪
【りくする】の公式ホームページはこちら

やる気も高まるランニングシューズに注目

走ることがもっと楽しくなるランニングシューズがあれば、毎日の運動がもっと楽しくなります♡子どもに人気のランニングシューズをご紹介します!

【アディダス】普段履きとしても使えるランニングシューズ


スポーティーでかっこいい、スポーツブランド としても人気のアディダスのランニングシューズ!軽くて快適なは着心地でありながら、着脱しやすい仕様になっているので元気に動き回るキッズのためのシューズになっています。
Amazonで購入する

【アシックス】マラソン大会で上位を目指すキッズに人気♡


日本メーカーのアシックスのランニングシューズは、成長期の子どもの足を考慮した作りになっています。他のメーカーよりも指まわりにゆとりをもたせた靴型を採用しているため、子供の足に合ったシューズに仕上がっているのが特徴です!
Amazonで購入する

【瞬足】学校のコースに着目したランニングシューズ


トラック競走のコーナーでこける子どもたちを助けたいという思いで発売された瞬足は、小学生に人気のシューズブランドです。学校のトラックは左回りというところに注目し、左右非対称のソールを採用しています!

学校以外の大会にも参加して自信をつけよう

マラソンは学校の行事だけではありません。走ることへの自信や練習のモチベーションアップのためにも、マラソン大会に参加してみるのも手ですよ♡おすすめの大会は、【全国こどもマラソン】!年齢制限が決められており、それぞれの身体の成長に合ったマラソンの距離が設定されています。
ランニング中に撮影された写真を無料でもらえたり、ランニング教室も同時に開催されたりするのも【全国こどもマラソン】の魅力です♡プロに速く走るコツを教えてもらえれば自分の走りにも自信がつきますよ♪

【全国こどもマラソン】の公式ホームページはこちら

マラソン大会当日は食事もこだわって!

練習の成果が出せるよう、マラソン大会の当日の朝ごはんにもこだわりたい方に必見のおすすめメニューをご紹介します♡

【バナナや炭水化物】エネルギーになりやすい食材を選んで

マラソン大会の当日の朝ごはんは、食べ過ぎると走るのも苦しくなってしまいます。スタミナのつく食事を用意したくなりますが、できるだけマラソン中にエネルギーになりやすいバナナや炭水化物を中心に食べるようにしましょう!

【ヨーグルト】お腹のハリにも効果的♡

ヨーグルトには胃腸内の炭酸ガスの発生を抑えてくれる働きがあります。緊張でお腹が張って痛くなりがちなお子さんは、朝食時にヨーグルトをとるのもおすすめです♡マラソン大会の朝食は、食べ過ぎすぎるとパフォーマンスを下げるので注意しましょう♪

子供と一緒に鍛えられる『大人持久走』の魅力

マラソンの練習をしているなら、一緒に運動をしてみましょう。日々の運動不足を解消できますし、一緒に走ることで親子の絆も深まります♡ランニングやマラソンの経験がない方は、下記の記事がおすすめ!走ることの魅力をしっかり知ることができますよ♪

【初心者女子にこそ伝えたい!持久走のススメ】の記事はこちら

まとめ

マラソンに対する嫌悪感がある子供の気持ちに向き合うと、誰もの心の中にある『走ることへの抵抗感』が、一緒に解消されていきます。最初は頑張りすぎず、気持ちよく走ることを目標にしましょう!好きな遊びやスポーツをすることで徐々に体力がつき、走ることへの抵抗感がなくなれば、マラソンに対する気持ちも変わってきますよ♡

この記事が気に入ったら
いいね!・フォローしよう
spoit の人気記事をお届けします。

ライター

Spoit sports writer tsubachika
tsubachika
元美容部員・化粧品バイヤーだったフリーライター。 スポーツ全般は苦手ですが、水泳だけは得意。普段はマイペースにゆっくりランニングを楽しんでいます。
この記事が気に入ったら
いいね!・フォローしよう
spoit の人気記事をお届けします。
spoitでは、スポーツについて記事を書いていただけるライターを募集しています
Logo