皆さんはインディアカというスポーツをご存知ですか?インディアカは歴史が浅く、ルールも簡単であり男子女子問わず楽しめるスポーツです。今回は初心者の方でも十分に楽しめ、ファッションもオシャレにできるインディアカの魅力やできる場所についてご紹介します。

もくじ

  • 羽根を使う!インディアカの歴史・ルール
  • 芸能人も経験あり!インディアカの有名人
  • 楽しめる!インディアカの魅力・見どころ
  • 誰でもインディアカでインスタ映えの写真を
  • アクセス良好!インディアカを見られる場所
  • チームで楽しむ!インディアカを始めよう!

羽根を使う!インディアカの歴史・ルール

インディアカの歴史やルールについてご紹介します。

手で打ち合う!インディアカとは

インディアカとは、羽根が付いた特別なボールを手で打ち合うバレーボールのようなスポーツです。使用するボールには4枚の羽根が付いており、普通のバレーボールと違ってスピードが遅くなるという特徴があります。
そのため、運動に不慣れな方でも十分に楽しむことが出来るという特徴があります。レクリエーションとしてはもちろん、高度な競技としても認知されているスポーツです。

バレーと似ている!インディアカのルール

インディアカでは、まず4人対4人のチーム戦でゲームが進められ、それぞれが向かい合うようにコートに配置します。そして、片方のチームがサービスを打ちます。
サービスを打たれたチームは3回以内に相手陣地にボールを落とせば1点の得点を貰うことが出来ます。守る側はネット前でブロックをすることもでき、ブロックで跳ね返ったボールが相手陣地の地面に落ちれば1点を得ることが出来ます。
このように、インディアカのルールはバレーボールとよく似ていますよ。

欧州が起源?インディアカの歴史

インディアカの発祥は、旧西ドイツのスポーツ教師だったカールハンス・クーロン氏によって考案されたのが始まりでした。
歴史は意外と新しく、1936年にクーロン氏がブラジルの伝統的スポーツであった「ペテカ」を西ドイツに持ち帰り、用具に改良を加えて作られたのがインディアカです。
インディアカの名前の由来は、「インディアン」と「ペテカ」で、その2つを合わせて「インディアカ」と呼ばれるようになりました。

芸能人も経験あり!インディアカの有名人

インディアカの経験がある有名人をご紹介します。

趣味でエンジョイ!早出明弘さん

早出明弘さんは1977年生まれの41歳で、プロダクション人力舎に所属しているお笑いタレントです。以前はニッケルバックというお笑いコンビとして活動されていましたが、現在は解散してソロで活動を行っています。
そんな早出さんですが、趣味としてインディアカをやっているとのことです。また、高校野球好きとしても知られており、定期的にライブや舞台などで高校野球に関するトークを繰り広げるなど活躍の場を広げているタレントさんでもあります。

テレビで体験!お笑いコンビ・チョップリン

お笑いコンビ・チョップリンは松竹芸能者に所属している芸人コンビです。小林幸太郎さんと西野恭之介さんでコンビを組んでおり、関西圏ではテレビによく出るお笑いコンビとして注目されています。
そんなチョップリンの2人ですが、テレビの企画でインディアカを体験したことがあるという情報があります。大阪のインディアカ協会を訪れ、実際にインディアカをプレーしてどのような魅力があるのかを紹介する形式となっています。

初挑戦!?阿部樹里さん

阿部樹里さんは1989年生まれの39歳で、山陰地方で放送されているテレビ番組のキャスターとして活動されています。山陰地方では広く知られたテレビ番組であり、ローカルタレントとしての顔も阿部さんは持ち合わせています。
阿部さんはテレビ番組のスポーツ特集のコーナーでインディアカを体験しており、縦や横に激しく揺さぶられ激しい運動が苦手であることをインディアカを通じて露呈することになり、少し恥ずかしそうな表情をしていました。

楽しめる!インディアカの魅力・見どころ

インディアカの魅力や見どころをご紹介します♡

初心者でも気軽に楽しめる!

インディアカの魅力のひとつは、初心者でも楽しめるスポーツであるという点です。インディアカは高度な競技スポーツとしてハイレベルな戦いを行う場合もありますが、初心者が楽しめるように考案されたスポーツでもあり、運動が苦手な方でも安心のスポーツでもあります。
また、ボールは羽根が付いているためスピードが付きにくく、当たっても痛くないような工夫がなされている点もインディアカの見どころでもあります。老若男女問わず広い世代で楽しめるスポーツなので、家族一緒になって楽しむことが出来ます。

運動不足解消の機会に!

最近運動不足気味で、体重や健康状態が気になっているという女性の方は少なくないでしょう。そんな悩みを持っている方は、この機会にインディアカを始めてみてはいかがでしょうか。インディアカはバレーボールと同じように、ボールを地面に落とさないようにプレーする必要があります。
そのためたてや横に激しく動く必要があり、運動不足の解消につながるという点で魅力があります。また、インディアカは体育館で行われることがほとんどで、室内で汗をかくことで減量をすることも出来るという見どころもあります。

仲間との絆を育める!

インディアカはチームで戦うスポーツであり、仲間とのコミュニケーションが非常に重要な競技でもあります。そのため、インディアカを通じて仲間との絆を育むことができるという魅力があるスポーツでもあります。
4人で連携してボールを地面に落とさないようにプレーする必要があり、年齢や男女関係なく助け合いながらチームで勝利を目指すという点がインディアカの見どころのひとつです。
また、インディアカでは決まったポジションが存在せずローテーションしながら各ポジションを回していくため、カバーリング能力を必要とされるスポーツでもあります。

誰でもインディアカでインスタ映えの写真を

インディアカでインスタ映えの写真を撮るコツをご紹介します。

【インスタ映えのコツ1】俯瞰して撮る!

インディアカでインスタ映えを狙う場合、まずはコート全体を俯瞰して撮ることをオススメします。コート全体を見渡せるように撮ることで、インディアカを楽しんでいる選手たちを写真に収めることができます。
高いところから撮影することで、選手ひとりひとりの表情を見ることができるため、女子選手のかわいい表情なども撮影することができます。

【インスタ映えのコツ2 】コート際で撮影する!

インディアカはバレーボールと同じく、激しく小刻みに移動しながらボールを多いかけるスポーツです。そのため、コート際から撮影することでダイナミックな動きの写真を撮影することができ、簡単にインスタ映えを狙うことが可能です。
また、ベンチで待機している選手やコーチなどの表情も捉えることができるため、様々な表情を撮ってインスタ映えを狙いたいという人はこちらをおすすめします。

【インスタ映えのコツ3 】休憩中の表情を狙う!

インディアカは激しい運動を求められるため、こまめに休息を取ることが望ましいとされています。
休憩中では、選手たちが緊張感のある試合から解放されほっとした表情をすることが多く、思いがけない表情を撮れることがありますのでオススメです。
また、ファッショングッズとしての練習着やユニフォームなどを撮るのも十分インスタ映えしますのでオススメです。

アクセス良好!インディアカを見られる場所

インディアカを観戦できる施設をご紹介します。

サイデン化学アリーナ(埼玉県)

サイデン化学アリーナ
〒338-0835 埼玉県さいたま市桜区道場4-3-1
詳細はこちら

さいたま市にあるサイデン化学アリーナは愛称名で、正式名称はさいたま市記念総合体育館と言います。東京都との境に位置しており、メインアリーナとサブアリーナに別れた大きな体育館となっています。プロバスケチームの本拠地としても使用されている体育館でもあります。

船橋市運動公園体育館(千葉県)

船橋市運動公園体育館
〒273-0866 千葉県船橋市夏見台6丁目4-1
詳細はこちら

船橋市の少し小高い場所に位置しており、体育館だけでなく陸上競技場やプール、野球場やテニスコートなどが備わっている施設となります。東京や埼玉からのアクセスも良いため、各スポーツの関東地区大会がよく行われている場所でもあります。インディアカの大会もよく行われている会場で、コートが広く使える施設でもあります。

北海道北斗市総合体育館(北海道)

北海道北斗市総合体育館
〒049-0152 北海道北斗市押上1丁目3-1
詳細はこちら

函館市から車で1時間ほど行った北斗市にある総合体育館です。周りは運動公園になっており、陸上競技場やテニスコートなど様々なスポーツを楽しめる場所でもあります。インディアカの全国大会が開催された場所でもあり、全国から多くのプレイヤーが訪れている場所でもあります。

チームで楽しむ!インディアカを始めよう!

インディアカはバレーボールとよく似た競技であり、特別なスキルなしで誰でも楽しめることができるスポーツです。男子女子で分けていることもありますが、基本的には男女混合で行うことが多いスポーツでもあります。
そのため、運動に自信がない方や初めてやる人でもおすすめできるスポーツ!また、友人や家族と一緒に行うことで、チーム同士で助け合う絆を育むこともできるスポーツでもあります。
運動不足気味で運動を始めたいけど何をすれば良いかわからないと言う方は、インディアカで仲間を作ったり健康を手に入れることができますよ♡

この記事が気に入ったら
いいね!・フォローしよう
spoit の人気記事をお届けします。

ライター

User avatar spoit
spoit編集部
spoit編集部には元アスリートや各スポーツの有識者の方がメンバーに入っています。もっと多くの人に、もっとスポーツを身近に感じてもらえるように様々なスポーツを紹介していきます。
この記事が気に入ったら
いいね!・フォローしよう
spoit の人気記事をお届けします。
spoitでは、スポーツについて記事を書いていただけるライターを募集しています
Logo