2015年ラグビーW杯で歴史を変えたラグビー日本代表。五郎丸ブームを中心に旋風を巻き起こし、ラグビーファンになった女性も多いのでは。アジア初のワールドカップが2019年に日本開催で盛り上がるラグビー界。ラグ女・ラガールデビューに向けて抑えておきたいルールや見どころ、イケメン注目選手を一挙に紹介します。

もくじ

  • ラグビー好き女子「ラグ女」急増中!
  • 「男のスポーツ」ラグビーの女性から見た魅力とは
  • 2019ワールドカップ 注目イケメン選手紹介ー国内編ー
  • 2019ワールドカップ 注目イケメン選手紹介ー海外編ー
  • ラグビー観戦に行くならココ!
  • 2019年ワールドカップに向けてラグジョに挑戦してみよう!

ラグビー好き女子「ラグ女」急増中!

2015年のラグビーワールドカップを機に五郎丸フィーバー、そしてラグビーに対する機運が高まっている日本。
2019年ワールドカップが日本だけでなく、アジア初開催ということで日本のラグビー界は世界からも注目されています。
最近ではジョージアに快勝し、史上初の欧州勢に対して完封勝利をあげましたね。

超余談ですが、芸能界では俳優の濱田岳さんやV6の岡田准一さん、お笑い芸人の中川礼二さんなどが過去ラグビーをやっており、ラグビー好きと知られています。

女性広島カープファンの「カープ女子」や女性セレッソ大阪ファンならぬ「セレ女」など、スポーツ観戦をする女性ファンが増えていますが、女性ラグビーファンは「ラグ女」や「ラガール」と呼ばれ、人口がどんどん増加しています。ラグビーは男の「汗臭いスポーツ」でルールが難しく「わかりづらい」、そんなイメージが強いですが、女子心をゆさぶるポイントは一体どこなのでしょうか。

「男のスポーツ」ラグビーの女性から見た魅力とは

ラグジョにラグビーの魅力を聞いてみたところ、激しくぶつかり合う男らしさや激しいのに紳士的であるというスポーツとしての潔さ、そしてラグビーならではのわかりやすさと奥深さがあるようです。
それでは解説していきましょう。

屈強な男同士が激しくぶつかり合う「肉弾戦」

Mi-yan/japanさん(@studio_pirro)がシェアした投稿 -

ラグビーは簡単にいうと、体一つで行う陣取りゲーム。
細かいルールはありますが、体と体が激しくぶつかりながら、ボールを前に進める様はもはや格闘技の一種といえます。その最大の魅力がタックル。
一般の人から見たら「危険」そのものだが、ラガーマンたちは日々体を鍛え、自分自身を追い込み、チームで勝利を目指します。屈強な男たちのひたむきさや愚直さが女子ゴコロを掴んでいるのでしょう。

激しいのに紳士なスポーツなのがラグビー

Taka.Takeさん(@takegram83)がシェアした投稿 -

屈強な男たちが激しく戦うというとマナーが悪く、粗暴なイメージが付きまとう人もいるのではないでしょうか。ラグビーは全くそんなことはなく、最も気高く、紳士的なスポーツの一つなのです。

ラグビーには「one for all, all for one」(1人はみんなのために、みんなは1人のために)と「ノーサイド」という二つの有名な言葉があります。

ラグビーはチームスポーツ、みんなで一丸となって戦うことを表現したのが「one for all, all for one」(1人はみんなのために、みんなは1人のために)です。
「ノーサイド」は試合が終わったら敵味方関係なく称え合うという意味で使われます。

ラグビーの試合を見ると、激しく戦っている選手たちが必ず敵味方関係なくお互いを称え合う姿を目にします。ラグビーが紳士のスポーツであると言われる所以の一つですね。

ラグビーならではの分かりやすさと奥深さ

ラグビーは先ほども伝えた通り、一言で表現すると「陣取り合戦」です。相手のゴールラインにボールを付ける(運ぶ)のが最も点数が高く5点もらえます。これをトライと言います。
ボールを相手陣地に運ぶごとに点数が加算され、その点数を競います。そう考えると非常にシンプルなルールです。

それ以外にもキックという日本代表の五郎丸選手が一躍有名になった、ボールを蹴って二つのポールにゴールする方法で2点もらえたり、相手の反則でキックの機会をもらってゴールすると3点、一回地面にボールを落としてからキックしてゴールすると3点もらえたりしますが、最初はトライに注目しているだけでも十分楽しめます。

また、ラグビーはボールを前に投げたり、前に落としたり、ボールより前でプレーするのが全て反則になるというルールがあります。選手達がどのような形でボールを相手陣地に運ぶかの戦術・戦略が面白く奥深さがあります。

何はともあれまずは現地に訪れてみよう

ラグ女・ラガールになる女性たちは、まず現地に訪れて、その激しさや男のひたむきさ、ぶつかり合いに魅了されてからラグビーの奥深さや潔さ、スポーツマンシップに惹かれていく人が多いようです。
自分の推しメンを見つけて、実際に会場でしかわからない魅力にぜひ触れてみてください!

2019ワールドカップ 注目イケメン選手紹介ー国内編ー

それでは、ラグビー女子の皆さんが心を鷲掴みにされているイケメン選手達を日本と海外に分けて紹介していきます。

松橋 周平選手(RICOH BlackRams所属)

明治大学卒業後、1年目でリコーブラックラムズでレギュラーを獲得。世代別代表を超えて一気に日本代表選手に選ばれている。国内トップリーグでは、ベスト15と新人賞の個人2冠に輝く若手の注目選手。

内田啓介 選手(パナソニック WildNights所属)

筑波大学出身。
日本ラグビー界を代表するイケメンの1人と言われ、2015年W杯の指揮官を務めたエディー・ジョーンズ前日本代表ヘッドコーチに才能を見出され代表入りし、活躍を続けている。

松島光太朗 選手(サントリー SUNGOLIATH所属)

kotaro matsushimaさん(@matsudesuyo)がシェアした投稿 -

南アフリカ出身でラグビーを始め、桐蔭学園に進学。
2015年W杯での日本躍進の立役者の1人。天性のバネとランニングで2019年日本ワールドカップでも活躍間違いなし。

山田章仁 選手(パナソニック WildNights所属)

村田 拓也さん(@takuya_murata)がシェアした投稿 -

慶應義塾大学出身。2015年ワールドカップに出場した際も大活躍。国内ラグビートップリーグで3度のMVPを獲得するなど大舞台であればあるほど活躍をしているイケメンプレイヤー。2019年ワールドカップでも期待の大きい得点屋。

2019ワールドカップ 注目イケメン選手紹介ー海外編ー

キャム・ドラン(アメリカ)

Cam Dolanさん(@cam_dolan)がシェアした投稿 -

1990年、アメリカ生まれの「ナンバーエイト」と呼ばれるフォワードの一角を任されている若手イケメン選手です。U20の世代別代表に選出されてから、2013年以降アメリカ代表としてプレーを続けています、

クリス・ロブショウ(イギリス)

1984年、イギリス生まれの渋さと爽やかさを兼ね備えた実力派ラグビープレイヤー。2012年から3年間イギリス代表のキャプテンとして活躍し、ラグビー国家イギリスではなくてはならない存在です。

フアン・イモフ(アルゼンチン)

Juan Imhoffさん(@imhoffjuan)がシェアした投稿 -

1998年、アルゼンチン生まれでウィングとフルバックというポジションをプレーしています。2009年よりアルゼンチン代表として活躍をしており、アルゼンチンラグビーを体現する攻めのプレーを得意としています。

ダミアン・デ・アレンデ(南アフリカ)

1991年、南アフリカ出身の快速ウィングです。2014年から南アフリカ代表としてプレーしている、今が旬の選手の1人。

ロブ・カーニー(アイルランド)

Rob Kearneyさん(@robkearney)がシェアした投稿 -

1986年、アイルランド出身のフルバックの選手です。アイルランド代表屈指のイケメンで、若い頃から将来を渇望されていました。今では年齢も重ね、渋さが出てきていますが、プレーではまだまだ現役の注目選手です。

Japan Rugby 🇯🇵さん(@japan_rugby)がシェアした投稿 -

ラグビー観戦に行くならココ!

ラグビーの魅力と注目選手を伝えたところで、実際にラグビー観戦におすすめのスタジアムや初心者でも気軽にお酒を飲みながらラグビーファンと室内観戦のできるラグビーカフェを紹介します。

ラグビーの聖地 秩父宮ラグビー場

東京メトロ「外苑前」駅より徒歩5分という好立地に位置する、ラグビーファンなら誰しもが知っているラグビーの聖地。高校、大学、社会人と幅広い世代の大会が行われているラグビー専用のグラウンドです。
最も歴史があり、ラグビーの雰囲気を体感するにはおすすめです。

味の素スタジアム

Yohei Yanagisawaさん(@iamliuze)がシェアした投稿 -

調布飛行場跡地に位置する、元々はサッカークラブのスタジアムで、FC東京と東京ヴェルディのホームスタジアムです。ラグビーの試合でも頻繁に利用され、ワールドカップの試合もこの味の素スタジアムで行われる予定です。

ラグビーダイナー ノーサイドクラブ(高田馬場)

都内でラグビーに特化したバーを営んでいるのが高田馬場から徒歩5分の「ノーサイドクラブ」。ラグビーワールドカップを盛り上げるべく、たくさんの試合を放映してくれています。ラグビーファンだけでなく、選手も数多く訪れる場所です。
こういった通な場所にもぜひ行ってみるとラグビーが好きになるかもしれません。

http://nosideclub.jp/

2019年ワールドカップに向けてラグジョに挑戦してみよう!

いかがでしたでしょうか。

ラグビーの魅力、注目選手、観戦できる施設の紹介をしていきました。
最近はスポーツにハマる女性が増えていますが、ぜひラグビー観戦にも挑戦してみてはいかがでしょうか。
まずは推しメンを見つけて、ラグビーの男らしさに酔いしれてみてください♪

この記事が気に入ったら
いいね!・フォローしよう
spoit の人気記事をお届けします。

ライター

User avatar spoit
spoit編集部
spoit編集部には元アスリートや各スポーツの有識者の方がメンバーに入っています。もっと多くの人に、もっとスポーツを身近に感じてもらえるように様々なスポーツを紹介していきます。
この記事が気に入ったら
いいね!・フォローしよう
spoit の人気記事をお届けします。
spoitでは、スポーツについて記事を書いていただけるライターを募集しています
Logo